製品

  • 耐候性鋼板

    耐候性鋼板

    耐候性鋼は塗装せずに大気にさらすことができます。普通の鋼と同じように錆び始めます。しかし、すぐにその中の合金元素がきめの細かいさびの保護層を形成し、それによって腐食速度を抑制します。
  • 耐摩耗鋼板

    耐摩耗鋼板

    耐摩耗鋼板とは、大面積の摩耗条件下で使用される特殊な鋼板製品を指します。現在、一般的に使用されている耐摩耗鋼板は、通常の低炭素鋼または低合金鋼で、靭性と可塑性に優れた板を、一定の厚さで表面溶接したものです。
  • 炭素鋼板

    炭素鋼板

    炭素鋼プレート、炭素鋼シート、炭素鋼コイル 炭素鋼は、炭素含有量が重量で 2.1% までの鋼です。冷間圧延 炭素鋼板の厚さ 0.2 ~ 3mm 以下、熱間圧延 炭素鋼の厚さ 4mm ~ 115mm
  • ステンレス鋼板

    ステンレス鋼板

    ステンレス鋼板は、滑らかな表面、高い可塑性、靭性、機械的強度を備えており、酸、アルカリ性ガス、溶液、その他の媒体による腐食に耐性があります。錆びにくい合金鋼ですが、絶対に錆びないわけではありません。
  • ステンレスパイプ

    ステンレスパイプ

    テインレス鋼管は、中空の長い丸/角鋼の一種であり、ステンレス鋼管はシームレス鋼管と溶接鋼管に分けられます。主に石油、化学工業、医療、食品、軽工業、機械器具で使用されます
  • 炭素鋼管

    炭素鋼管

    機械処理分野、石油化学産業、輸送および建設分野で広く使用されています通常の構造目的および機械構造目的、たとえば建設分野、支点軸受など。
  • 角型・角型チューブ

    角型・角型チューブ

    用途: 角パイプ構造、機械製造、鉄鋼建設プロジェクト、造船、電気工学、車のシャーシ、空港、道路の手すり、住宅建設の使用。
  • アングルバー

    アングルバー

    主に等角山形鋼と不等角鋼の2種類があります。不等角鋼の中には、不等刃厚と不等刃厚があります。
  • SSAWパイプ/スパイラル鋼杭パイプ/鋼管杭

    SSAWパイプ/スパイラル鋼杭パイプ/鋼管杭

    溶接鋼管は、鋼板や鋼帯をかしめて溶接した鋼管で、一般的には長さ6m程度です。溶接鋼管の製造工程が簡単で、生産効率が高く、品種と仕様が多く、設備投資が少ない
  • 熱間圧延H形鋼

    熱間圧延H形鋼

    H形鋼は、より最適化された断面積分布とより合理的な重量対重量比を備えた経済的な断面効率の高い断面です。断面が英字の「H」と同じであることから名付けられました。
  • ステンレス丸棒・棒

    ステンレス丸棒・棒

    ステンレス鋼棒は、製造工程によって、熱間圧延、鍛造、冷間引抜きの 3 種類に分けられます。熱延ステンレス丸棒の仕様は5.5~250mmです。
  • アルミシート

    アルミシート

    アルミニウムは銀白色で軽いメタで、純アルミニウムとアルミニウム合金に分けられます。延性があるため、通常は棒状、シート状、ベルト状に加工されます。アルミニウム板、コイル、ストリップ、チューブ、ロッドに分けることができます。アルミニウムにはさまざまな優れた特性があり、
12次へ >>> ページ 1 / 2